ランディングページ

予算30万円以内でランディングページを依頼したい

ランディングページを作成したいが、予算がない小さな会社であれば当然の悩みです。
大手にお願いする場合は70万〜100万くらいは軽く超えます。

30万円以内で制作会社に発注する場合は大体どこも制作範囲は決まってます。
そこで安く発注するためには皆さんのほうである程度はご用意して頂く必要があります。
今回は30万円以内でランディングページを作成する場合、発注側は何をご用意したら良いかご説明します。

出来ること出来ないことを確認

出来ること出来ないことを事前に確認しましょう。
例えばですが、動きのあるランディングページなどは非常にコストが掛かるので予算内では厳しいと答える制作会社もあると思います。

原稿の用意

まずは原稿のご用意です。全てのライティングは発注者側がご用意することになります。
コピー&ペースト出来るようにエクセル、テキストエディタなどで原稿をご用意いたします。
原稿の長さですが、30万円以内であればA4原稿用紙7枚くらいが平均的だと思います。

写真素材の用意

写真素材もメインの商材の写真はご用意して頂きます。
ただ、デザインの要素で使う写真素材などは制作会社側でもご用意できるとこは多いと思います。
基本的には無料素材などから使用します。
内容によっては有料素材を使う場合もあります。

修正回数の確認

予算が限られてますので、修正回数が決まってる制作会社も多いです。
2回まででそれ以降は追加料金が発生する場合ですね。

デザインチェック担当者の絞り込み

なるべく修正回数をへらすためにデザインのチェック担当者は絞り込みましょう。
最終決定者と一人くらいが丁度良いかと思います。
あまりにも大人数でデザインをチェックすると好みが別れますので、
中々デザインが決まらず修正が多くなり発注者側と制作会社側とのトラブルの原因にもなります。

まとめ

このように予算を30万以内に収めたい場合は予め自社で出来ることを把握しておきましょう。

ホームページ制作・LPデザイン制作会社へ無料お問い合わせ
お電話(06-4977-9974)でも承っております。

※現在、デザイナー、コーダーの募集はしておりません。

()に該当するひらがなを1文字入力ください(迷惑メール防止のため)

ピックアップ記事

  1. ランディングページ(LP)を格安で外注するならフリーランスです。料金相場も含め紹c
  2. WEBデザイナーがFREENANCE(フリーナンス)の評判!メリット・デメリットc
  3. 売れるランディングページの作り方(ターゲットリサーチ編)
  4. 【2022年】ランサーズとクラウドワークスの違いは?どっちが稼げる?数字と評判でc
  5. 【2022年度版】ランサーズの評判はどう?プロのWEBデザイナーが口コミや手数料c

関連記事

  1. ランサーズ
  2. WEBデザイン

    ランディングページ(LP)をフリーランスに外注を出したい制作会社が気をつけるべきポイント

    社内のデザイナーが手一杯で制作できない、外注をお願いしたいと思ったことc

  3. SEO

    小規模会社が低予算で集客する方法 その2

    前回は見込み客を獲得するためのリードを説明しました。今回はその見込c

  4. ランディングページ

    WEBデザイン

    「フィットネス用マシーン」ランディングページ制作

    お客様からスタイリッシュで高級感がでるようなデザインがご要望でしたのでc

  5. FREENANCE(フリーナンス)

    WEBデザイン

    WEBデザイナーがFREENANCE(フリーナンス)の評判!メリット・デメリットと、口コミを調べてみc

    「報酬の支払いが2ヶ月後で手元にお金がない」「初めてのクライc

グローバーデザインのHPはこちら>>>

お仕事のご依頼はこちら>>>

最近の記事

  1. クラウドワークスとランサーズの比較
  2. ランサーズ
  3. FREENANCE(フリーナンス)
  4. ランディングページ
  1. SEO

    h1タグは何回も使っていい
  2. WEBデザイン

    手書き風な可愛いホームページまとめ5選
  3. マーケティング

    LP(ランディングページ )効果的な構成を作るコツ!【誰でも簡単に】
  4. ランディングページ

    ランディングページのデザインで意識すべき6つのコツ
  5. マーケティング

    売れるランディングページの作り方(ターゲットリサーチ編)
PAGE TOP