マーケティング

LP(ランディングページ )効果的な構成を作るコツ!【誰でも簡単に】

ランディングページを作りたいけど構成つくるの難しいな。コツとかあれば知りたいな。
こういった疑問に答えます。

効果的なLP(ランディングページ)とは何でしょうか?デザインの見栄えですか?確かに綺麗にまとまったLP(ランディングページ)は魅力的です。
しかし、LP(ランディングページ)を作る上でもっとも重要なのは構成です。
構成は作成するのに非常に時間がかかります。いきなり構成から考えても中々うまくいかないことが多いです。

まずは効果的なLPを作成する前に用意する事項をご紹介したいと思います。

ターゲット(ペルソナ)を明確化する構成

誰に向けて発信していくのかを設定します。年齢や性別が違えば最適なデザインも違います。
例えば、10代〜20代、女性と40代〜50代、男性では、それぞれ興味を引くデザインが全く異なる事は容易に想像できます。これは極端な比較ですが、ペルソナ設定の重要性が分かるでしょう。
たった1人にターゲットを絞り込む事をペルソナと言います。
LP(ランディングページ )の構成作る際は、このペルソナを決定しましょう。

たった一人に絞るのは無理だ。うちの商品は幅広い年齢層に支持されてるのでもっと幅広い人に向けて訴求したいと思う気持ちはわかります。
しかし、違うターゲットには違うランディングページを用意してください。
といいますのも年代や性別によって悩みは違うからです。同じ商品を購入していても同じ悩みや目的を共有してるわけではないということです。

一人に絞って明確化することで構成も作りやすく、説得力も増します。
キーワードの興味あるもので検索して来た100人のうち、数人が自社の商品に確実に興味を示してくれればいいでしょう。
新規顧客に向けたランディングページのコンバージョンレート(問い合わせ率)は1%〜2%、3%あれば大成功です。

【注意事項】
ただこのペルソナ設定はBtoC(一般消費者向けビジネス)の場合に限ります。
BtoB(法人間取引のビジネス)の場合には複数名が購入までの意思決定に関与するのがポイントです。

ユーザーがLP(ランディングページ)を見たときに瞬時に内容を理解できる構成にする【テンプレート】

ランディングページをクリックするユーザーには、商品やサービスを知らない状態で流入してくるユーザーがメインです。そもそも購入や申込みのモチベーションが低いケースもよくあります。
なので、ランディングページはユーザーに興味を持ってもらい、購入・申込みまでの意欲を出してもらうためにパッと見ただけでわかる構成内容にする必要があります。
下記はランディングページの構成を作成する際に基本となるテンプレートになります。

ランディングページ 構成

ファーストビューに必要な要素

要素 目的
キャッチコピー 「ファーストビュー」は、言葉通り、ユーザーがランディングページを訪れた際に最初に見る画面です。シンプルに、商品やサービスの特徴をキャッチコピーに入れるようにしましょう。その際に、あくまでお客様にとってのメリットを含むようにするのがポイントです。
権威付け 商品の実績・メディアへの掲載歴などで具体的な数字やおすすめの根拠をアピール。TVCMでもタレントを用いることで信頼度がアップしますよね。
ビジュアル ペルソナで設定したターゲット層の写真を用いたり、どんなサイトなのか一瞬でわかるデザインを心がけます。

コンバージョンに直結するCVボタン

一般的にCVボタンは緑やオレンジなどがボタンの色には最適と言われがちですが、
商品・サービスによっては必ずしもそれが当てはまるわけではないです。
サイトのイメージによっては黒、青なども使われたりします。

悩み(共感)でユーザーとの距離を縮める

もし、この共感部にユーザーの抱えている悩みが書かれていれば、そのまま読み進めてもらえる可能性が高くなります。
また現状では気付いていない悩みに対して、気づきを与えることも共感を得るためには重要です。

解決ができると宣言

あなたの悩みは私達が解決するとすぐに宣言してあげます。
ターゲットの悩みや問題にストレートに刺さる言葉を設定します。

サービス(商品)のメリットを伝える

当商品が選ばれる理由!メリットなどを入れる。
例えば、「○○○○○が選ばれる5つの理由!」などの見出しがわかりやすくて良いですね。
サービス(商品)のスペックをただ並べるんではなく、どんな悩みをどのように解決できるか理由を伝えます。
見出し「選ばれる理由その1」
詳細「テキスト・・・・・・・」
こんな感じですね。

サービスの詳細

ここでサービス(商品)の詳細を入れましょう。
商品・サービスについて興味を抱き、購入意欲が高まれば、商品・サービスの詳細についてもユーザーは目を通します。

お客様の声

お客様の声で載せるべき年齢層、商品説明での注意といったかなり具体的な情報を紹介しています。
BtoBであれば企業名、部署など記載します。担当者の写真付きで紹介すると更に信頼度が高まります。

サービスの流れ

サービスを利用する流れなど、できるだけ分かりやすくSTEPごとに説明します。

よくある質問

ユーザーの疑問点を解消するような内容を記載します。質問への回答は、簡潔に回答したうえで、詳細な回答を記載します。

ユーザーのニーズは漠然と捉えるのではなく、具体的な顧客のペルソナ像を作成します。
ユーザーニーズが把握できたら、ランディングページに落とし込むため、まずはペルソナで設定したユーザ視点で考えることが大事です。

まとめ

以上、ランディングページの構成を作る上で必要な要素を紹介してきました。
ランディングページから成果を上げるためには、誰に、何を、どのように訴求していくかをきちんと考えたうえで、構成を練っていきましょう。

ホームページ制作・LPデザイン制作会社へ無料お問い合わせ
お電話(06-4977-9974)でも承っております。

()に該当するひらがなを1文字入力ください(迷惑メール防止のため)

ピックアップ記事

  1. 売れるランディングページの作り方(ターゲットリサーチ編)

関連記事

  1. WEBデザイン

    競合に差をつける!BtoBのランディングページのデザイン

    こんにちは!グロバーデザインの濱です。今回ご紹介するのは、Bt…

  2. WEBデザイン

    ランディングページのデザインまとめサイト

    今回は、ランディングページのデザインや構成の参考になるまとめサイトを紹…

  3. WEBデザイン

    昨今のWEBデザインの流行り?ミニマルデザインは気持ちいい!

    ミニマルデザインって聞いたことありますか?ミニマルデザインとは、構…

グローバーデザインのHPはこちら>>>

お仕事のご依頼はこちら>>>

最近の記事

  1. WEBデザイン

    はじめてWebデザインをするときにしておいた方がよいPhotoshopプラグイン…
  2. WEBデザイン

    WEBサイトにおけるカラーについて
  3. WEBデザイン

    高級感のあるホームページ制作は余白デザインで決まる
  4. WEBデザイン

    「カーバッテリーのかけつけ本舗様」ランディングページ制作
  5. WEBデザイン

    「もろみ酢」ランディングページ制作
PAGE TOP