WEBデザイン

競合に差をつける!BtoBのランディングページのデザイン

こんにちは!グロバーデザインの濱です。

今回ご紹介するのは、BtoBのLP改善メソッドです。BtoBとBtoCではターゲットとするユーザーの特性が異なるので、LPの内容や目標とする成果に違いがあります。
まずは基本中の基本となる、BtoBとBtoCが何を指すかを簡単にまとめておきましょう。

BtoBのランディングページを作成する前に

● BtoB
Business to Business、つまり企業間の取り引きです。

● BtoC
Business to Consumerの略で、企業が一般の消費者に商品やサービスを提供することを指します。

ユーザー行動の違い|BtoBユーザーは衝動では動かず、冷静に比較検討

BtoCでは、基本的にランディングページを閲覧している人自身が購入の意思決定者です。本人がLPを見て納得すればほかと比較検討せず即購入に至ることも多く、衝動買いもあります。
一方BtoBでは、LPを閲覧している人が意思決定者とは限りませんし数社をピックアップして後で上司に報告する流れが多いかと思われます。

BtoBとBtoCではデバイス利用状況が違う

BtoCユーザーは個人が多いのでスマホでの閲覧が多く
BtoBユーザーは会社のPCから企業を探してるので、PCでの閲覧が多いです。

デザインの違い

BtoCユーザーはより感覚的でインパクトのあるデザインが好まれます。
BtoBユーザーは落ち着いてシンプルなデザインを好まれます。インパクトよりも信頼性重視。

上記の差がBtoBとBtoCの違いになります。
それでは、BtoBのランディングページ制作するにはどのようなコンテンツを用意すれば良いかをご説明いたします。

製品導入によるメリットや効果を明確に示す

BtoBのユーザーは、製品導入後の具体的なメリットや成果を求めているため「費用対効果60%OFF」「作業時間短縮!」といったわかりやすく端的なメッセージを記載することが大切です。
導入実績や取引企業などの掲載をして信頼性をアピールしましょう。

簡単に他社製品と比較できるようにする

BtoBのランディングページを訪れるユーザーは一つの企業のページだけを見て購入をすることは少なく、複数企業の同様な商品やサービスを比較してより良いものを探していることが予想されます。
そのためランディングページ内に、簡単に他社と比較できるような情報を設置することが大切です。自社製品の一覧やカタログのようなページは効果が薄くなってしまいます。

シンプルで簡潔なページデザインを心がける

BtoBのユーザーであるビジネスマンは限られた時間内に多くのサイトを見て回ります。
サービスや商品への説明は長くしないで簡潔に説明することを心がけましょう。
そして目立たせるという意識は捨てましょう。ここは目立たせたいので赤文字にしたい、ボタンは目立たせて赤文字にしたい。
これらはBtoCユーザーには効果的ですがBtoBユーザーには逆効果となりがちです。

まとめ

以上のように、BtoB向けランディングページページを訪れるユーザーはBtoCのユーザーとは異なり、衝動買いはせず慎重に検討してから購入を決めるという特徴があります。

ページを見ている段階では、上司や関係者を説得するための情報収集をしていると考えましょう。
この特徴を把握した上でシンプルなランディングページを作り、資料請求やお問い合わせに誘導することが大切です。

ホームページ制作・LPデザイン制作会社へ無料お問い合わせ
お電話(06-4977-9974)でも承っております。

※現在、デザイナー、コーダーの募集はしておりません。

()に該当するひらがなを1文字入力ください(迷惑メール防止のため)

ピックアップ記事

  1. 売れるランディングページの作り方(ターゲットリサーチ編)

関連記事

  1. WEBデザイン

    海外のデザインテンプレートを使用する際の注意点

    WordPressを使ってハイクオリティーなWEBサイトを作りたいときc

  2. WEBデザイン

    ランディングページのデザインまとめサイト

    今回は、ランディングページのデザインや構成の参考になるまとめサイトを紹c

  3. ランディングページ

    ランディングページのデザインで意識すべき6つのコツ

    運用中のランディングページ、しっかりと運用できていますか?サイトを有効c

  4. WEBデザイン

    webデザインは独学で可能なのか?

    結論から言えばWEBデザイナーは資格もないので、誰でもなろうと思えc

  5. マーケティング

    非デザイナーが覚えるべき文字のルール

    ビジネスではWord、PowerPointを使って資料が作られることはc

  6. コンセプト

    マーケティング

    コンセプトワークの考え方

    新しいコンテンツが日々生まれ、私たちはそれらを観て、欲しくなったりc

グローバーデザインのHPはこちら>>>

お仕事のご依頼はこちら>>>

最近の記事

  1. ランディングページ
  1. WEBデザイン

    高級感のあるホームページ制作は余白デザインで決まる
  2. WEBデザイン

    WEBディレクター、WEBデザイナーがWF(ワイヤーフレーム)作成で確認すべきポc
  3. WEBデザイン

    WEBサイトにおけるカラーについて
  4. マーケティング

    LP(ランディングページ )効果的な構成を作るコツ!【誰でも簡単に】
  5. ランディングページ

    ランディングページの一般的な価格相場は?
PAGE TOP